洋菓子の大阪土産『小倉屋山本 こんぶパイ』発売のご案内

昆布のうま味と洋菓子の融合
古くから昆布の文化がある大阪では、江戸時代より昆布が北前船で由来し、広く人々に愛され、日常に浸透してきました。
その文化を発展させ、洋菓子と融合させた大阪土産『小倉屋山本 こんぶパイ』の誕生です。
大阪の老舗の味を封じ込めた「昆布のうま味が口に広がる」サクッとしたパイ菓子。
小さなお子様から、ご高齢の方まで、おいしく召し上がっていただけます。昆布はよろこぶに通ずる縁起物。
創業170年を迎える小倉屋山本ならではの昆布の味・うま味をふんだんに表現した新商品です。
小倉屋山本 こんぶパイ
<取扱店>
駅売店(新大阪駅・大阪駅・天王寺駅)、大阪国際空港(伊丹)売店、小倉屋山本本店、他
<販売日>
2017年4月19日~

⇒『小倉屋山本 こんぶパイ』紹介ページ