HOME >  会社案内 >  次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

株式会社小倉屋山本

次世代育成支援対策推進法に基づき、社員が仕事と家庭生活を両立させることができ、働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を充分に発揮できるようにするため、以下の通り行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年6月11日~平成33年6月10日までの5年間

2.内容

目標1:母性健康管理・産前産後休暇・育児休業・育児短時間勤務等に関する
パンフレットを作成し、管理職及び従業員に制度の周知や情報提供を行う。

<対策>

  • 社内イントラネットを利用した周知・啓蒙を行う。
  • 管理職クラスを対象とした研修を実施する。
  • 休業取得予定者に対する個別説明会を実施する。

目標2:ノー残業デーを設定し、時間外勤務の削減、定時退社を促す。

<対策>

  • 勤務体制の見直し、工夫を進めるとともに、所定労働時間内に業務を終了させようとする意識啓蒙を進め、時間外労働の削減を図る。
  • 注意喚起のため、リーフレットや社内イントラネットにより時間外の削減の必要性についての周知を継続して行う。

目標3:会社施設見学等を積極的に受け入れる。

<対策>

  • 子供の体験活動等の機会の充実を図るため、会社施設見学の受入を継続的に実施する。

以上